top of page

フィンユール展/The exhibition of Finn Juhl

更新日:2022年12月4日

もう一月以上前の事ですが、10月の初旬にに駆け込みでフィン・ユール展に行ってきました。フィン・ユールと言えば知る人とぞ知る、椅子デザイナーとして有名ですが、建築家でもあります。平日の午前中でしたが会場はとても多くの人が訪れていました。注目度の高い展示会ですね。


個人的にフィン・ユールはとても造形的な(有機的な)デザインが多くて、そこまで好みではないのですが、実際に現物を見てみるとそのディティールは本当に素晴らしいものがあります。この時代の椅子の材質はローズウッドやチークといった今では貴重な高級木材が多く使われていて、それだけでも存在感があります。フィン・ユール以外にもウェグナーやモーエンセンといったデンマークを代表する椅子デザイナーの作品が多く展示されていて、とても見応えのあるものでした。

座れる椅子もたくさんあって貴重な体験ができました。


ここ一ヶ月ちょっとと大きな仕事がありまして、しかも重量があって大きなものだったので、無理をしていたら肋骨を痛めてしまいました。呼吸するだけで辛いです。念のため病院に行ったのですが、疲労骨折かもしれないので安静にしてくださいとの事でした。そんな事は言ってられないので残りの仕事も体に鞭打って頑張るしかないです。


今年も残すところあと一ヶ月。皆さんも体に気をつけて過ごしてください。


The Exhibition of Finn Juhl

I visited to the exhibition of Finn Juhl a month ago. I rushed to go there, because the exhibition was almost over.

Finn Juhl is famous for Chair designer, but he is an architect as well. There were many people there, even it was a weekday. It must be gathering attention in Japan.


Though he is not my type of design, the detail of his chair is amazingly beautiful. In this era, it is used many kinds of luxury woods, like Brazilian rosewood, teak, mahogany and stuff like that for chair. Recently It is really hard to find those luxury woods, especially good one of those.

There were some of Scandinavian designer's chair, like Hans Wegner, Borge Mogensen, etc other than Finn Juhl.

It was worth seeing.


I feel pain in my rib lately, because I had been working on kind of large scale of furniture for a month. I feel pain even every time I breathe. I have still some work in this year though...

Please stay safe and take care of myself. ciao.

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page