top of page

memories of canada 2

更新日:2022年1月10日

2006年4月トロントピアソン国際空港に降り立ちました。まずはホストファミリーに迎え入れられ、カナダでの生活がスタートしました。ホストファミリーはイタリア系カナダ人で、中学生と5歳の子供が2人、彼らとは到着後ほぼ毎日スケボーしたり、カードゲームしたりして遊んでたような気がします。


トロントという街はスケール的に東京を凝縮したような街で、世界一の多民族国家と言われています。所謂マンハッタンのような人種のるつぼ同様、〜タウンと呼ばれるような街が至る所にあります。自転車でどこでも行けてしまうようなコンパクトな街でした。


最初にホームステイで生活した街はダウンタウンから西に地下鉄で10分ほどの街で、よくある整理された碁盤の目のような住宅街でした。

一週間程してから2ヶ月間の語学学校生活がスタートし、異国の地からやってきた生徒たちと触れ合うのは何よりも刺激的でした。各々の文化を英語という共通言語でシェアし、知らなかった世界がパッと広がり、いかに自分が視野の狭い生活をしていたかという事に気付きました。


ひと月が経過した頃に仕事を探し始めたのですが、もちろん希望の仕事にはことごとくありつけず、そんな中で街の日系カナディアンが営む日本食材店の掲示板で一枚の紙切れを目にします。'’力強いもの求む''と。それはその日本食材店の向かいにあるカナディアン経営の家具屋さんでした。当時24歳の頃、それまで日本で平面デザインを少しかじっていた程度なのですが、諸先輩にプロダクトデザインやってみればと言われたことがあるぐらいで、家具については全くのド素人でした。

これは面白そうだとすぐに飛びつき、その後もうまいこと事が運び、家具屋デビューに至りました。その家具屋さんは特注家具、店舗のインテリアデザインもしていて、また日本からのアンティークバイヤーの方も何人か来られていて、その繋がりもあって現在も仕事をいただいたりしています。


カナダに来て2ヶ月経たずに運よく仕事が決まり、語学学校も2ヶ月で卒業することになり、仕事一本でのカナダ生活が始まりました。語学学校での生活もかなり貴重な体験で、未だに世界各国の友達と繋がることができています。 つづく。


photo: Toronto in winter.

I arrived at peason international airport on April in 2006. I was welcomed by my host family then my Canada life has started. My host family was Italian Canadian, they have two kids one was junior high school student, little brother was 5 years old at that time. I always used to play skateboarding and card game, watching movies and stuff with them since I was welcomed them.

City of Toronto is kind of cozy place like a shrinking Tokyo. It's easy to ride a bike around town. and it is great melting pot of many races like a Manhattan.

The town which I lived in first was a ordinary residential area. We can often see the methodical street like a grid in oversees. I've started to study English at school two weeks later arriving in Toronto. I was really excited to talk with friends from another country. I realized that I have been living in small world so far.

I started to find new job after a month passed. But It was very hard to find a job I wanted. In that time, I found a job offering on a message board at Japanese food market. It was Canadian furniture store. At that time I was 24 years old. I've never thought about working at furniture store though. But, I'm kinda interested in product design. And then, I could started working for that store through several steps of start working fortunately.

That store does interior design, and selling antiques stuff other than original furniture. Some Japanese antique buyers visited that store. I often get job request from some of them nowadays.

I graduated ESL for 2 months, and I started working in Canada. I got valuable experiences in my school life.

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page